HOME研修ポイント制度とは?ポイント対象研修のご案内福祉用具専門相談員を探すふくせん
ポイント対象研修一覧 > 認知症老人徘徊感知機器についての基礎知識(令和4年4月26日、5月17日)
ポイント対象研修のご案内<研修一覧>
 
研修ID 1425
研修名 認知症老人徘徊感知機器についての基礎知識(令和4年4月26日、5月17日)
実施主体名 (株)テクノスジャパン
受講資格 福祉用具専門相談員、介護支援専門員
開催日・会場 オンラインにて令和4年4月26日、5月17日のいずれも17時より質疑応答含め1時間程度の実施
指定なし(どこでも可)
研修概要 目的:「認知症老人徘徊感知機器」の種類や運用方法を紹介し、理解を深めてもらうこと
昨今、人を集めての研修等が困難な状況を踏まえ、研修希望者にテキストを郵送またはDLしてもらい、個々にテキストを読んで研修を行う「紙面による研修会」を実施。専用動画によるサポートも行っている。読了後は回答用紙を弊社へFAXしてもらうことで、終了証をReFAXし研修を完結させている。本申請のとおり4月、5月にオンラインでの研修会を月一回実施する。

【申し込み・問い合わせ先】
TEL:079-288-1600
ポイント配点一覧
領  域 研修ポイント制度カリキュラムの科目 配点(合計) 1pt

職業倫理と社会制度に
関する領域
1.福祉用具専門相談員の役割と職業倫理 0.0 pt 0 pt
2.高齢者・障害者の保健・福祉に関連した法律・制度 0.0 pt
3.福祉用具の意義と供給のしくみ 0.0 pt
4.介護サービスにおける視点 0.0 pt

利用者の生活・介護・
医療に関する領域
1.生活の理解と支援 0.0 pt 0 pt
2.からだとこころの理解 0.0 pt
3.介護技術 0.0 pt
4.リハビリテーションに関する知識 0.0 pt
5.認知症の理解 0.0 pt
6.住環境に関する知識 0.0 pt

コミュニケーションに
関する領域
1.コミュニケーション 0.0 pt 0 pt
2.マナー・接遇 0.0 pt
3.相談援助技術 0.0 pt
4.指導・スーパーバイズ 0.0 pt

福祉用具の選定と
利用支援に関する領域
1.福祉用具支援プロセス 0.0 pt 0 pt
2.利用者のニーズに応じた福祉用具選定の視点 0.0 pt
3.福祉用具サービス計画書の作成 0.0 pt
4.多職種との連携 0.0 pt
5.モニタリングの視点 0.0 pt
6.福祉用具の整備技術 0.0 pt
7.安全の確保と事故防止 0.0 pt

個別福祉用具の
知識・技術に関する領域
1.起居関連用具に関する知識・技術 0.0 pt 1 pt
2.移乗関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
3.移動関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
4.床ずれ防止関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
5.排泄関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
6.入浴関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
7.食事・更衣・整容関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
8.コミュニケーション・社会参加関連用具に関する知識・技術 0.0 pt
9.その他の福祉用具に関する知識・技術 1.0 pt